2011年09月30日

新潟ロケーションガイド・新コンテンツ

新潟県フィルムコミッション協議会のホームページ「新潟ロケーションガイド」に新しいコンテンツが追加されました。

トップページのど真ん中にある『漫画のシーンで新潟を楽しむ「君も主人公になろう!!!」』

http://www.loca-niigata.net/

漫画に出てくる新潟のシーンと実際の写真が並べて貼ってあります。

このシーンはここだったんだーという発見もかなりあると思います。

作品情報も、地図もありますので、実際に読んで、尋ねてみるのにも便利です。


それにしても
よく探したなぁ〜
よく作者から掲載OKもらえたなぁ〜



(辛子明太子)
posted by おむすび at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ロケ映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

未来ちゃん<パリ>

今発売中の「BRUTUS」特別編集合本・写真術(マガジンハウス社)は、あの佐渡の「未来ちゃん」が表紙。

DSCF8365-m.JPG

今回は、特別付録として、「未来ちゃん<パリ>」のミニブック付き。

DSCF8367-m.JPG


かわいい!

そして、この目ヂカラ!

DSCF8366-m.JPG

アンビリーバボー!


関連ページ
http://orientai.seesaa.net/archives/20110510-1.html
http://orientai.seesaa.net/archives/20110530-1.html



(辛子明太子)
posted by おむすび at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟のひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ご当地グルメグランプリ(3)

この前の土日に月岡温泉で開催された「国際ご当地グルメグランプリ」

グルメだけじゃなく、ゆるキャラも登場、ご当地グルメソングも流れるで、かなり賑やかでした。


三条カレーラーメンのうたは、みんなで踊るというか体操してました。
この歌なかなかクセになります。

DSCF8180-m.JPG


糸魚川ブラック焼きそばのブラック番長。
ブラック焼きそばのうたもあります。

DSCF8215-m.JPG


妙高のレッドホットのキャラ、名前なんだっけ?

DSCF8297-m.JPG


もちろん、われらがレルヒさんも登場。

シュプール音楽隊と一緒に「レルヒさんのうた」を歌って踊りました。

ステージの写真を撮れなかったので、せめて3人の写真だけ。
1年経つとみんな大きくなるものです。

DSCF8182-m.JPG

DSCF8221-m.JPG

レルヒさんは、ゆるキャラ集合のステージだけでなく、なななんとm、No.1ご当地アイドル「ネギッコ」とコラボまでしちゃいました。

DSCF8240-m.JPG  DSCF8246-m.JPG


2回目のステージでは、ネギを持って競演。

DSCF8279-m.JPG  DSCF8295-m.JPG


そして、さらに!
今回のグランプリのポスターにもなった・・・

DSCF8233-m.JPG  


今井美穂さんとご対面!
高橋遙さんも一緒でした。

DSCF8268-tm.JPG


今井さんは、いまやレルヒさん応援団のリーダー的存在。

日付がかわりました。
今日の1票は、是非レルヒさんにお願いします!



(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

おいしい店、とっておきの宿泊プラン

9月25日発売「月刊にいがたタウン情報」10月号

DSCF8356-m.JPG


その中に、うまさぎっしり新潟コンシェルジュがお薦めする飲食店、お土産店を紹介する新潟の「おいしい店」、

DSCF8357-m.JPG  DSCF8358-m.JPG


そして、37軒の旅館の女将がおすすめする95の飲食店のランチ券がついた「とっておきの宿泊プラン」のパンフレットが綴じ込まれています。

DSCF8359-m.JPG  DSCF8360-m.JPG


まさにうまさぎっしり新潟。
食欲の秋、タウン誌片手に食べ歩いてみましょー


(辛子明太子)

posted by おむすび at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

ご当地グルメグランプリ(2)

ご当地グルメグランプリ2日目。

レルヒさんのステージとグッズ販売の合間を縫って今日も食べました。

サザエの炊き込ご飯。
王道をいくご当地グルメ、予想通りのほっこりしたおいしさです。
特産の紙風船がついてきました。

DSCF8260-m.JPG


パイオニアポークの紫米サラダうどん。
なかなかどんなものか想像しにくいネーミングですが、だしまきたまご、プチトマト、ネギなどの色あいにポークものっていて、華やかです。
驚きは麺。紫米の米粉の麺だと思うのですが、見た目は蕎麦、でも食感はモチモチ。ギャップも楽しめます。

DSCF8262-m.JPG  DSCF8264-m.JPG


義の武将がオススメしていたのが「謙信勝負飯」。
上越市には「謙信公のかちどき飯」という昔の出陣時のふるまい飯を忠実に再現した料理もありますが、勝負飯は軍神謙信にあやかった人生の勝負時に食べる各店オリジナルメニューというところでしょうか。
このグランプリでは肴や活等という店の出汁で食べる蓮根と米粉をつかったモチモチおにぎり。
ひとくちサイズの餅を食べているような感覚。出汁が上品なのでおやつというより飯ですね。

DSCF8300-m.JPG  DSCF8301-m.JPG


そして、「蕎麦いなり」
見た目はいなり寿司、でも中は蕎麦。意外性、つるりとした蕎麦の食感、これはいい。
蕎麦処・十日町ならではの逸品です。

DSCF8303-m.JPG  DSCF8304-m.JPG




2日で8品。かなり腹にはこたえました。

この人は、2日で20品。
たくさんレルヒさんコインを集めて満足そう。

DSCF8306-m.JPG



2日間の熱い戦いを終え、結果発表です。

チーム名あ呼ばれるたびに歓声が上がります。

DSCF8314-m.JPG  DSCF8321-tm.JPG


1〜3位の副賞は、燕三条地域でつくられた金銀銅のメタル丼!
そしてネギッコからやわ肌ねぎ(笑)

DSCF8327-m.JPG  DSCF8336-tm.JPG


結果はこちら

国際ご当地グルメグランプリ
1位:鯛茶漬け
2位:アスパラみどりカレー
3位:糸魚川ブラック焼きそば
4位:さといも麺
5位:月岡のっぺ親子丼


部門賞は、
伝統型ご当地グルメ部門
1位:鯛茶漬け

開発型ご当地グルメ部門
1位:アスパラみどりカレー

ご当地スイーツ部門
1位:聖籠産巨峰のみずみずしいジェラート

米粉グルメ部門
1位:米粉うどん「白鳥美人」


DSCF8348-m.JPG


結局、賞をとったものはひとつも食べてません・・・



国際ご当地グルメグランプリHP
http://www.niigata-gotouchi.com/index.html


(辛子明太子)
posted by おむすび at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

ご当地グルメグランプリ(1)

ご当地グルメグランプリが月岡温泉のカリオンパークで始まりました。

DSCF8179-m.JPG  DSCF8201-m.JPG


伝統的なご当地グルメ、開発型ご当地グルメ、そしてご当地スィーツ、全部で39品目。

伝統的なところで、南魚沼のきりざい丼ときのこ汁。

DSCF8203-m.JPG  DSCF8206-m.JPG

納豆に野菜や漬物を細かくきざんで入れて食べる伝統的な料理。
昔は貴重なたんぱく源の納豆の量を増やすために野菜などを混ぜたそうです。
バリポリ、少しとろっ、これに魚沼産こしひかりですからたまりません。

きのこ汁は、説明不要。秋の味です。




開発型は、やきそばにしました。

昨年の「うまさぎっしり博」グランプリの糸魚川ブラックやきそばの牙城に殴り込みをかけてきたのが、上越のホワイト、妙高のレッド。


上越のホワイトは、上杉謙信が宿敵武田信玄に贈った義の塩にちなんだ塩だれのやきそば。

DSCF8190-m.JPG  DSCF8192-m.JPG

食べてみると、マヨネーズたっぷりなので、塩焼きそばというより、ホワイトソースっぽい。
イカやホタテ入りがうれしい。


そして、妙高レッド

DSCF8183-m.JPG  DSCF8187-m.JPG

鮮やかな赤。
妙高の赤と言えば、「かんずり」に代表されるとうがらし系かと思ったら、ほとんど辛くない。何の味だろうと不思議な気分で食べました。
太い米粉麺のボリューム感で迫ってきますね。

DSCF8185-m.JPG



ご当地グルメを買うと、レルヒさんコインをもらえるので、気に入ったご当地に投票
2日目の明日、グランプリが決まります。

DSCF8231-m.JPG


いや〜、食べきれないですね・・・


(辛子明太子)

posted by おむすび at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

ジンジャーティーと雪国紅茶

寒くなってきました。

体を温めるには生姜がいいそうですが、生姜は苦手。寿司のガリにはまったく手をつけず、焼きそばの紅ショウガもできるだけ脇に寄せて食べます。


ところが、この前、ふるさと村のガタリバに行ったら、「穂のか菜のか」に相馬理恵さんがいらっしゃって、ジンジャーティーをいただきました。

DSCF8152-m.JPG


おそるおそる飲んでみましたが、意外にいける。

ついうれしくなって、スパイスジンジャーシロップを買いました。

DSCF8147-m.JPG

http://www.tunagu.biz/





体が温まったところで、「雪国紅茶」をアイスで。
村上のお茶屋さん「冨士美園」製。緑茶のような紅茶、紅茶のような緑茶。

DSCF8149-m.JPG



(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

醸造の町・摂田屋

秋山孝ポスター美術館の近くに醸造の町「摂田屋」があります。

解説によると、
『摂田屋の北側には、サフラン酒本舗、吉乃川、そして醤油の越のむらさきが、南側には手作り味噌の星六、同じく味噌醤油漬物などを製造販売する星野本店、長谷川酒造などの老舗が江戸時代より創業を続けている』


中越地震で壁がボロボロになったサフラン酒本舗さんの蔵も修復が済んだようで、美しい外観に戻りました。

DSCF8048-m.JPG  DSCF8049-m.JPG



新潟−長岡の高速バスの車内で流れるCM
「長岡」「摂田屋」「越のむらさき」・・・
いったい何のことを言っているのか全くわからなかったうちのカミさん。
「長岡」に「摂田屋」という地区があって、「越のむらさき」って言う醤油をつくっている会社があり、そのほかいろんな醸造蔵があるってことを初めて知ったとのこと。

DSCF8051-m.JPG  DSCF8053-m.JPG



町の真ん中に「旧三国街道」

DSCF8039-m.JPG  DSCF8045-m.JPG


竹駒稲荷のたたずまいも好きです。

DSCF8035-m.JPG  DSCF8037-m.JPG


(辛子明太子)
posted by おむすび at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟あちこち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

秋山孝ポスター美術館

長岡へ行ったので、宮内の秋山孝ポスター美術館にも寄りました。

秋山孝さんは長岡出身のグラフィックデザイナー。

エコや反核などメッセージ性のあるテーマを、色鮮やかにユーモラスに描いたポスター作品が多い方です。
また「じゃらん」の表紙のイラストを長い間描いていたので、見るとすぐわかると思います。


宮内駅近くの銀行を改修した美術館。

DSCF8031-m.JPG  DSCF8030-m.JPG


銀行だったので、金庫室があって、グッズ類が並んでいます。

DSCF8027-m.JPG  DSCF8028-m.JPG


10年ほど前、東京のネスパスで川をテーマにしたイベントをやった時に、秋山さんからポスターを描いてもらいました。
そのデザインがこれ。

DSCF8026-m.JPG


川という文字の水草の間をイワナが泳いでいるデザイン。

「できたよ」という電話をもらって、秋山さんのアトリエで初めて見たときの感動は、今も忘れません。
紙質を決め、色校を終え、ポスターができあがったときもうれしかったですね。

DSCF8025-m.JPG

そのポスターがこうしてグッズとして並んでいるのを見て、大切な作品のひとつとして扱ってくれているんだと思えて、少し誇らしくなりました。



秋山孝ポスター美術館
http://apm-nagaoka.com/




(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟のひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

とっておきの宿泊プラン

「うまさぎっしり新潟」秋の観光キャンペーンの新企画「とっておきの宿泊プラン」が、県内37の旅館で、9月22日からスタートします。
料理自慢のお宿が1,000円分のランチ券を付けた宿泊プランを用意。ランチ券は、女将さんがお薦めする95店で使えます。
旅館での食事だけじゃなく、ランチも新潟の「うまさぎっしり」を味わってみてください。
http://niigata-umacon.jp


ということで、長岡・蓬平温泉「花の宿よもやま館」の女将・田中郷子さんお薦めランチ店「日本料理 桜亭台町茶寮」さんへ行ってきました。

DSCF8021-m.JPG

旧土地改良区の建物を改修したというお店ですが、高原のプチホテルのたたずまい。

DSCF8018-m.JPG


レトロな洋館の雰囲気漂うお店です。
メイドさんという感じの店員さんもステキでした。

DSCF8012-m.JPG  DSCF8014-m.JPG


桐のテーブルが置かれた結婚式場の控えの間のような部屋でのランチでした。
雅楽が流れていたので、なおさらそう感じたのかも。

女将お薦めの「季節の点心膳」1890円。
1,000円のランチ券をつかえば890円です。

DSCF8004-m.JPG  DSCF8009-m.JPG

たっぷり食べたい人にはちょっと少なめかもしれませんが、旅館に泊まって翌日のランチとしたら十分すぎるくらいでしょう。
秋の風情を感じながらランチを楽しむ・・・あーなんて幸せなひとときでしょう。


「とっておきの宿泊プラン」は、12月11日まで。
是非ご利用ください。



(辛子明太子)
posted by おむすび at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

イッタラカフェ

普通の飲み会みたいな友人の結婚を祝う会。
ケーキが用意されていてそれらしくなりました。
幹事さんエライ!

eri-san-tm.JPG


プレゼントはフィンランドの「マリメッコ」。
http://www.marimekko.jp/

eri-san-m.jpg


北欧のデザインは、シンプルでカラフルで、いいですねぇ。

そんな北欧、これもフィンランドのですが、「イッタラ」の食器を使ったカフェがオープン中だとか。
野菜ソムリエの木村さんの紹介で行ってみることにしました。
全国を巡回しているようですが、新潟は青山のイタリア料理の「ラグナグ」さん。

DSCF8138-m.JPG  DSCF8137-m.JPG


カウンターでパスタランチしながら店内をキョロキョロ・・・

DSCF8123-m.JPG  DSCF8124-m.JPG


- デザイン、気になりますか?
はい、っていうと、パンフレットを持ってきてくれて、
- フィンランドの『イッタラ』って言うんですよ。
- カラフルでしょ。期間中、食器全部イッタラに替えてるんですよ、終われば通常の食器に戻します。こんなことがしょっちゅうできたら、楽しいですねー。


DSCF8129-ttm.JPG  DSCF8126-m.JPG

コーヒーを飲んでいると

- このグラス気に入ってるんですよ。ありそうでないデザイン。これでビール飲んだらうまそう。
- 底に気泡が入ったデザインのもあるんですよ。

DSCF8135-m.JPG  DSCF8136-m.JPG


思ったより重くて安定感がありました。

- 重心が低いのかな、しっくりきますね。



なんと、「イッタラ」を扱っている店が、毎日の通勤途中にあるとのこと。

「COLUN」

DSCF8145-m.JPG  DSCF8141-m.JPG


「イッタラ」だけでなく、北欧のハウスウエア、テーブルウエアを扱っている店でした。
シンプル、カラフル、大胆な構図、どれもいいですね〜。

DSCF8143-tm.JPG  DSCF8144-m.JPG


「イッタラカフェ」開催中ということで、ラグナグさんのコースターを持って行くと10%OFF。
さらに、「ムーミン」のキャラクターを描いて応募すると、もしかしたらイッタラ製品がもらえるというキャンペーンを実施中。

何となく「スナフキン」を描いてみました。

DSCF8142-tm.JPG  DSCF8140-m.JPG



店の人とあれこれ話をしているうちに、ついついイッタラの代表的なデザインカップを買ってしまいました。

DSCF8163-m.JPG



イッタラカフェは、9月25日まで。もうすぐ終了。
お近くの人は、行ったら?

イッタラカフェHP
http://colun.jp/hpgen/HPB/entries/2.html



(辛子明太子)
posted by おむすび at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

第10回にいがた総おどり

今年も「にいがた総おどり」がやってきました。

昨年、古町で「下駄総おどり」行列を見て、あれから1年。あっという間です。

9月の連休は総おどりってサイクルができていて、今年は、メインの万代シテイ会場での表彰、受賞チームの演舞、下駄総おどりを見に行きました。



福島のチームが市長賞を受賞。

DSCF8059-tm.JPG


知事賞は、新潟市内のチームに。

DSCF8064-m.JPG


愛恵さんの胸をぎゅっとするようなせつな系MCがいいですね。




続いて、新潟の祭りには欠かせない「樽砧」

DSCF8073-tm.JPG


永島鼓山先生、80歳を超えて今もバリバリの現役です。驚異!
他の誰より長いソロをこなし、拍手喝采。

DSCF8080-tm.JPG


そして、樽砧の軽快な演奏に合わせ、下駄を履いた踊り手たちが颯爽と登場。

DSCF8086-tm.JPG


女振り、まといなどが次々と前に飛び出してきます。

DSCF8101-tm.JPG  DSCF8105-tm.JPG


最後は、その昔4日4晩踊り明かしたという、何の振り付けもない自由な演舞で2日目のクライマックスに。

DSCF8117-tm.JPG  DSCF8121-m.JPG


このフィナーレは、いつ見てもいいものです。

いろんなことに感謝し、こんなふうに踊っていられれば、世界は平和なのになぁと、毎年思っていることを、また今年も思い出しました。



昨年のページ
http://orientai.seesaa.net/article/163088050.html


(辛子明太子)
posted by おむすび at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

クルミ入り太巻き食う?

ゆるキャラグランプリに立候補したレルヒさん。
http://www.yurugp.jp/

選挙対策本部に詰めて、あちこちにメールや電話していると、カミさんからメール

「清水フードにあるクルミ入り太巻き買ってきて」

カミさんの大好物。

新潟には太巻きにクルミが入っていることがあって、それが変だとは思わなかったんですが、全国的には珍しいみたいですね。

同じ新潟でも佐渡にはなく、佐渡出身のカミさんには、新鮮で美味だったそうで、時々食べてます。特に家の近くの清水フードセンターに入っている「ひまわり食品」の太巻きはクルミがたっぷり入っていておいしいんだとか。


売り場に行くと、閉店近くのタイムサービス中。

「これは100円引き、こっちは300円引きですよ」

結局、ついあれもこれも買いすぎてしまったかな・・・(汗)


家に帰ると案の定、「二人でどれだけ食べるつもり!?」と、呆れられてしまいました。

DSCF8001-m.JPG


ところが、食べ始めると入る入る・・・

DSCF7998-m.JPG

秋のサーモンづくしがたまりませんでした。


カミさんは、ひとつも分けてくれることなく、クルミ入り太巻きを一人で食べてしまいました。

DSCF7999-m.JPG



新潟県民は、大晦日になると、とにかく異常なほど寿司を食べるというのも、最近知ったこと。
全国どこでも大晦日は寿司を食べるもんだと思ってたけど、そうでもないんですね。

それをあらためて確認したのが、電子版日経新聞?の「列島あちこち 食べるぞ! B級グルメ」


そして「食べる」と「食う」について、ある方のメールが紹介されてました。

『都内で幼少時代を過ごしたせいか「ご飯を食べる」を「飯を食う」などと言おうもんなら、はしたない、下品と学校でも家でもよく怒られていました。それでも口癖はなおらないまま、新潟に暮らすことになり、あれ?と思うことがよくあります。
 皆さんよく「食う」と口にしています。食事にお呼ばれし、あまり食べていないと「もっと食えて(くえて)」とすすめられます。先日ローカルFM放送を聴いていたら、パーソナリティーさんも「飯を食う」と発言されていました。』

そうです、「食う」に違和感を感じたことは一度もありませんでした。

ここでも新潟と佐渡の違いが浮上。
カミさんに何度注意されたことか。
でも直りませんでしたけどね。


「列島あちこち 食べるぞ! B級グルメ」おもしろいので、読んでみてください。


列島あちこち 食べるぞ! B級グルメ(1)
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/tabeb/article.aspx?id=MMGEzq000023082011

列島あちこち 食べるぞ! B級グルメ(2)
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/tabeb/article.aspx?id=MMGEzq001030082011

列島あちこち 食べるぞ! B級グルメ(3)
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/tabeb/article.aspx?id=MMGEzq001013092011



(辛子明太子)
posted by おむすび at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

アークベルのラーメン

セレモニーホールでのお通夜の振る舞い。

ラーメンがでてきました。
珍しいなと思いながら食べてみると、結構、うまい!
昔ながらの中華そば系あっさりで、ついお代わりしてしまいました。


先日、新潟市堀之内のブライダルステージDuOのビアホールに誘われて行ってみました。
こんなところにあるのかって意外だったけど、大きなホールがほぼ満席。
ビッフェスタイルで、なかなかおいしいものが揃っていました。

そして、「これだけは食べて」と持ってきてもらったのがラーメン。
「人気メニューだから早めに食べないと」

DSCF7768-m.JPG


ビアホールにラーメン?と思いながらも食べてみると、結構、うまい!

「セレモニーホールの通夜振る舞いでも人気だよ」

あ、あのときのラーメンだ。
こんなところでお会いできるとは。

ここでも あそこでも おいしい新潟!



(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

表参道・山陽堂・山本五十六

東京・表参道の交差点にある「山陽堂書店」、その2、3階が「ギャラリー 山陽堂」

東京出張のついでに寄ってみましたが、その日は入れ替え日。


「せっかく来たんだから、見て行ってくださいよ」と、ギャラリーに入れてもらうと、写真がたくさん。

DSCF7770-m.JPG


「昔の写真が出てきたと持ってきてくれる人がいてね、展示が空いた日に、見てもらおうと思ってるんですよ」

写真を見ると、路面電車が走っていたり、ボンネットバスが走っていたり、なんといっても道路が広い。

DSCF7772-m.JPG  DSCF7771-m.JPG


昭和10年の青山・表参道付近の地図が出てきたということで、それも額に入れて展示してありました。

DSCF7773-m.JPG   DSCF7774-m.JPG


「山本五十六さんて新潟出身でしたよね。家は、、、ここ。質素な暮らしぶりだったようですね」

連合艦隊司令長官なのに、ほんとうに小さな家でした。

出身地長岡では、常識中の常識なんだと思いますが、新潟に生まれ育ったボクにとっては、その人となりはよくわかりません。
でも、渡米経験から、最後まで開戦に反対だったという話は聞いていて、身の丈を知っている冷静な人なんだと思っているので、小さな家も納得できますね。
また、ギリギリまで戦争回避を望みながら、戦うと決めたら果敢に戦うという、上杉謙信・景勝、河井継之助の流れをくむ越後の男だなとも思ってしまいます。


そんな山本五十六の映画ができました。
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」
役所広司が五十六を演じます。
12月23日、全国ロードショーです。
http://isoroku.jp/index.html



話はそれましたが、ギャラリー山陽堂は現在、谷内六郎「北風とぬりえ」展を開催中です。

DSCF7992-m.JPG

そのあとは、VANの石津健介展が予定されています。
楽しみです。
http://sanyodo-shoten.co.jp/gallery/


関連ページ(ギャラリー山陽堂オープン)
http://orientai.seesaa.net/article/205769869.html



(辛子明太子)
posted by おむすび at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟のひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

冷やしタレカツ丼

まだ暑いですが、空はだいぶ秋らしくなりました。

で、「ととや」さんの「冷やしタレカツ丼」が終わってしまうんじゃないかと心配になって慌てて行ってきました。

冷たい「かつ丼」なんて想像できないんですが、、、
これだ、1・2・3

DSCF7882-m.JPG


ごはんが冷えた出し汁に浸って、お茶漬けのようにサラサラと入ります。
とても上品なあっさり出しなので、梅干しや岩のりで軽く味付け。
それでも足りない人は、3種類の辛味をお好みに合わせて。

・わさび味の「サビスコ」
・神楽南蛮の「かぐらいおん」
・ハバネロをつかった「雷」

想定外にサビスコかけ過ぎて、あと2種類の味がよくわかりません・・・
「かぐらいおん」が気になっていたのに、、、今度じっくり味わいます。



でも、一番は、タレかつでしょう。
柔らかくて、香ばしくて、うまい。

新潟に生まれて幸せです。


(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

松浜地区心意気ARTフェスタ

新潟市北区松浜、阿賀野川の河口の港町です。

このまちが元気いい。
新潟市内では一番長い?「市」が立ち、花火をあげ、一昨年の「水と土の芸術祭」などアートイベントにも積極的に関わっています。

そして、9月4日から18日まで、「松浜地区心意気ARTフェスタ」を開催。
松浜商店街を中心に25の作品が展示されているほか、ワークショップやオークションが行われています。
屋内展示箇所や所々に設けられた休憩所などには地域の人たちがいてお茶を勧めてくれるし、まちですれ違う人たちも「この先、左に曲がったところに(作品が)ありますよ」って感じで声をかけてくれます。


では、作品とともに松浜のまちを歩いてみましょう。

商店街です。

DSCF7898-tm.JPG

昭和の香りがすると評した方がいましたが、その言葉も納得。

DSCF7954-m.JPG  DSCF7953-m.JPG

DSCF7945-m.JPG  DSCF7906-m.JPG

DSCF7952-m.JPG



空き地に、先日のワークショップで組み立てた竹のゲオがあって、中でペットボトルでオブジェをつくってました。

DSCF7895-m.JPG  DSCF7897-m.JPG


家の玄関の前に作品。
まちのひとたちの協力ぶりがよくわかります。

DSCF7899-m.JPG


目と鼻の先に阿賀野川の堤防。法面にも作品。

DSCF7904-m.JPG


阿賀野川の水量はたっぷり。振り返ると船着き場があって、

DSCF7910-m.JPG   DSCF7911-m.JPG


そのまわりにも作品。
「水と土の芸術祭」では亀田で土壁の作品をつくった村木薫さん作。
不気味ですが、土壁で人型をつくるとは、いいですねぇ。

DSCF7912-m.JPG  DSCF7913-m.JPG


陶芸家の作品などのオークションもあって、売上金は全て東日本大震災の義援金になるそうです。

DSCF7885-m.JPG



東京芸術大学付属小学校の子どもたちが被災された方を元気づけたいと描いた絵も展示されていました。子どもたちが話し合って決めた「元気のでる花」の絵だそうです。

DSCF7926-m.JPG


マップに従って歩いていくと、高台に。

DSCF7989-m.JPG  DSCF7991-m.JPG


遠くに川が見えて、気持ちのいいまちです。

DSCF7962-m.JPG


稲荷神社の社殿の真ん前にも作品。

DSCF7971-m.JPG


社殿の中にも作品。おどろきました。
多面体の中に入って真っ暗ななかで水の音や花火の音を聞くというもの。
熱くならないように、扉を閉める直前まで風を送ってくれます。

DSCF7979-m.JPG


ぶらぶら歩いて、半日は十分に楽しめるイベントです。

DSCF7940-m.JPG  DSCF7931-m.JPG


(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大地、水と土 芸術祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

葡萄園でランチ

「葡萄園でランチ」・・・絵が浮かんできそうな、響きのいい企画に行ってきました。

タイトルどおり、葡萄園のぶどうの下で、優雅に本格的なイタリアンランチをいただくというもの。
料理は、フードデザイン、出張シェフの「DAIDOCO」さん。


新潟市南区新飯田のあたりにある「岡村農園」に到着。

DSCF7853-tm.JPG  DSCF7866-m.JPG

イメージしてた雰囲気にほぼピタリ。

緑の葉の天井に、紅の葡萄がいくつもぶらさがり、柔らかい光が差し込む・・・
木目のテーブルと、ロザリオロッソと同じ紅のスノーピークの椅子、音楽はボサノバ、休日のちょっと遅いランチを楽しむのに、これほどのシチュエーションは他にあるでしょうか。

DSCF7877-m.JPG

なんて、つい雄弁になってしまう会場です。




今日のメニューは

DSCF7859-m.JPG


まずは、「県産鶏のテリーヌ〜梨のコンポートと葡萄のソースと鞆に」

DSCF7860-m.JPG

最初から来ました来ました。
葡萄園の雰囲気にそぞろになる気持ちを、料理にぐっと引き寄せる一品でした。



続いては、バターナッツカボチャのムースと燕三条素材のサラダ仕立て

DSCF7868-m.JPG  DSCF7867-m.JPG

バターナッツかぼちゃのムースは、ちょっと塩味が効いて美味しかったし、にんにくソースと野菜がよく合いますねぇ〜



メインは、下田豚のラグーとカボチャクリームのラザニア。自家製葡萄酵母のクルミパンが添えられました。

DSCF7869-m.JPG  DSCF7871-m.JPG



そして、ブドウの食べ比べなんて企画も。

DSCF7872-m.JPG

上から、あっさりさっぱり系。
下へいくと糖度がぐっとり上がる濃厚なタイプ。

順番に味わって、評論。

さわやかさがいいですね〜
若い緑な感じが口の中に広がりますね〜
上品な甘さに、少し酸味が効いてますね〜
この甘さは衝撃的
などなど、評論家のマネをしたくなるほど。
思わずセキが出てしまうような甘さ、久々に味わいました。



デザートも葡萄づくし。
ヨーグルトのムースと葡萄のコンポート。

DSCF7875-m.JPG


人間、糖分をたっぷり取ると、満腹中枢が働きだしますね。
腹いっぱいで、このまま葡萄の下で昼寝ができたらと願った、すばらしいランチでした。





(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

金福、銀寿司

佐渡国際トライアスロンの前日。

選手は早めに食事をして明日に備え、大会関係者も飲むのを早めに切り上げる中、相川の飲み屋をうろつくあやしい男たちは「串焼 金福」にいました。

DSCF7641-m.JPG

DSCF7633-m.JPG  DSCF7630-m.JPG


ここの焼き鳥はうまい!!

あまり得意でないレバーでさえ、認識を改めねばと反省するほど。

DSCF7634-m.JPG  DSCF7635-m.JPG


いなり納豆焼きなんてのもあって、箸休めにはもってこい。

DSCF7636-m.JPG  


そして、お酒。
何飲んでたんだっけ?
金鶴?

DSCF7640-m.JPG


う〜ん、うまい

至福のひととき、いい顔してます。

DSCF7629-tm.JPG  DSCF7631-tm.JPG




もう1軒いきますか

DSCF7645-m.JPG


銀寿司さん、ここの寿司もうまい!

DSCF7648-m.JPG  DSCF7650-m.JPG



みんな猩猩のようになって、

DSCF7620-tm.JPG


相川のまちに消えていきました。

DSCF7643-m.JPG




(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

佐渡・回転寿司「弁慶」

久しぶりの佐渡。
うまいものを食べなきゃソンソン。

まずは、ヘタな寿司屋よりうまい回転寿司「弁慶」

DSCF7741-m.JPG

次々とそそられる寿司が回ってきます。


天然ぶり

DSCF7738-m.JPG


新潟の高級魚「のどぐろ」

DSCF7735-m.JPG


みずみずしいタコ

DSCF7736-m.JPG


初めて聞く「まとう鯛」

DSCF7739-m.JPG


名前を忘れましたが、赤い鯛?

DSCF7737-m.JPG


そして、なんと地元の須田嘉助商店の「ふぐの子粕漬け」まで回ってきました。
猛毒のふぐの卵巣を塩漬けにして毒を消し粕漬けにしたもの。
誰がこんなふうに食べようと実戦したんだか、最初の人はチャレンジャーです。

DSCF7734-tm.JPG


寝不足のニシダくん、「痩女」のようになっていましたが、

DSCF7622-tm.JPG


パックンちょ

DSCF7733-tm.JPG


ん!なんじゃこのうまさは!!
「大飛出」並に目を見開いて、荒々しい神のようにあばれてました。

DSCF7624-tm.JPG


夜の部は、明日



(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。