2011年10月31日

イッタラのマグカップもらっちゃった

フィンランドのテーブルウエアメーカー・イッタラ
店の食器を全部イッタラの食器に替えて提供するイベントが新潟市内のカフェで行われ、家の近くにイッタラのショップがあるのを知りました。

北欧デザインショップCOLUN
ちょうどイベントに合わせてイッタラフェアをやっていて、カップのデザイン画を募集してました。フィランド生まれのムーミンに出てくるキャラを描いて応募というもの。

スナフキンを描いて応募したらアラビア限定マグカップが当たりました!

DSCF9059-m.JPG


北欧のデザインていいですねー
いつかは行ってみたいところでもあります。

COLUNのHP
http://colun.jp
受賞した絵も載ってます。
どれだかわかります?



(辛子明太子)
posted by おむすび at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

跡見学園女子大・紫祭にレルヒさん

レルヒさん、大阪から戻って来たと思ったら、今度は埼玉の跡見学園女子大の紫祭(ゆかりさい)に出没。

DSCF9052-m.JPG


観光マネジメント学科の村上ゼミの招待でした。
村上ゼミでは、「東北・新潟応援キャンペーン」を行っており、東北や新潟の観光パンフレットを配ったり、ずんだもちを販売して売上の一部を義援金として東北へ送ろうという企画。

突然のレルヒさんの登場にビックリする人も多かったんですが、だんだん慣れてきて、「かわいい!」「一緒に写真撮って〜」と熱烈歓迎を受けました。

DSCF9013-m.JPG  DSCF9022-m.JPG


調子に乗ってきたレルヒさん、呼ばれてもいないのにステージに近づいて、ノリノリ

DSCF9031-m.JPG  DSCF9029-m.JPG


とうとうステージに上がってしまいました。
そして、紫祭のマスコットキャラクター・うさぎくんと一緒に嵐を熱唱!?

DSCF9040-m.JPG  DSCF9045-m.JPG



村上ゼミのみなさん、ありがとうございました。

DSCF9017-m.JPG





(辛子明太子)
posted by おむすび at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーとレルヒさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

レルヒさん、太郎さんに再会

ゆるキャラまつりの彦根を後に大阪へ。

おっと、ひとつ忘れてました。
彦根で食べたもの・・・近江ちゃんぽん

DSCF8908-m.JPG

これ、結構うまい。
本場・長崎ちゃんぽんを食べた時より感動しました。



さて、大阪。

大阪といえば、たこ焼き。

新潟人と名古屋人でたこ焼きに挑戦。

まずは、たっぷり油をひいて

DSCF8963-m.JPG


店の人がたこを落として、ネギを載せ、
なんと言うんだろう、たこ焼きの生地の素?
メリケン粉や薄力粉にだし汁を混ぜたようなものだと思うのですが、それをたっぷり注いでいきます。

DSCF8964-m.JPG  DSCF8967-m.JPG


あとは、神経を集中させて、千枚通しで丸く焼いていきます。
なかなか丸くならない。
カニを食べたときのようにみんな無言になります。

DSCF8970-m.JPG


できあがり!
ちゃんと、外はカラッと中はトロッと仕上がりました。

DSCF8971-m.JPG




なんで、大阪に来たかというと・・・

DSCF8976-m.JPG


この人です

DSCF8977-m.JPG  DSCF8980-m.JPG


せっかく彦根に来たんだからと、友達のくいだおれ太郎さんに会いに来ました。

DSCF8982-tm.JPG


何を手渡してるのかと思ったら、
ゆるキャラグランプリに投票してくださ〜いでした。

DSCF8993-m.JPG  DSCF8993-tm.JPG


みなさーん、レルヒさんに投票お願いします。

http://www.yurugp.jp/



レルヒさんとくいだおれ太郎さん日記

初対面
http://orientai.seesaa.net/article/167296737.html
妙高スキー百年祭
http://orientai.seesaa.net/article/181059951.html
白根大凧合戦
http://orientai.seesaa.net/article/207427471.html



(辛子明太子)
posted by おむすび at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーとレルヒさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ゆるキャラまつりin彦根  

10月22日(土)〜23日(日)「ゆるキャラまつりin彦根」が開催されました。

その様子を書くのをサボっていたら、レルヒさんがブログを書いてました。
http://www.niigata-snow.jp/user/lerch_blog_details/blog_id/123/

ま、こんな感じでした。



何度も聞かれた質問「レルヒさんは、何時に出ますか?」

登場予定時間を教えるんですが、ちょうど出ている時はカンタン。

「あそこにいますよ」

指させば誰もがわかるレルヒさん。
どんな人だかりでも頭が飛び出してます。

DSCF8949-m.JPG


レルヒさんのブースはこんなもん。
顔だけのポスターもインパクト抜群。
このポスターの写真を撮っていく人も結構いました。

DSCF8948-tm.JPG



そして、彦根は「ひこにゃんのまち」

コンビニでもどこでもグッズが買える

DSCF8940-m.JPG


参加者の交流会にも出場。
写真バシバシ撮られてました。

DSCF8937-m.JPG


(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーとレルヒさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

ゆるキャラまつり速報

彦根で開かれている「ゆるキャラまつり」に来ています。
もちろんレルヒさんと一緒。
2回目ですが、たぶんスタッフもグッズも出場キャラ中最小じゃないかなって思います。
レルヒさんが出場している時は店は閉店、でも基本ほったらかし。
他のキャラが、かなりの人員と物量で来ているのに、いいんかいレルヒさん。
人気投票1位のくまもんはスゴイ。くまもんの時代が来たんじゃないかって思うくらい。
例えて言えば、ディズニーランド帰りの電車、誰も彼もがミッキーの帽子に土産物袋を持っているのを見ている感じ。
デカいラッピングバスでやって来るメロン熊などなど。
そう思うとレルヒさん、スゴイもんです。あちこちから声をかけられるし、他のキャラのスタッフからも実はレルヒさんのファンなんですと言われる。
ホント不思議なおっさんです。
パソコンがないので写真は新潟へ帰ってからアップします。
(辛子明太子
posted by おむすび at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーとレルヒさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

レルヒさん弥彦神社で必勝祈願

全国のゆるキャラをもしかしたら一喜一憂させている「ゆるキャラグランプリ」開催中。
約300体ものゆるキャラがエントリーしていて、ネットでの人気投票が行われています。

http://www.yurugp.jp/


われれらが「レルヒさん」は、現在4位。
人気投票なんてって思いながらも、ついつい、3位、2位、1位と上位を目指してしまいます。
スキーやスノボなどウィンターレジャーの盛り上がりのためには、「レルヒさん」の力は大きいですから、がんばってもらわなければなりません。

今日は、なんと、「さのまる」との栃木ダービーをほぼ制し、現在6位急上昇中、宇都宮の「ミ​ヤリー」が「レルヒさん」を訪ねてきました。

宇都宮市長が、まだ新人キャラの「ミヤリー」に武者修行を命じたことから、近隣県の25体のゆるキャラを訪ねて回り、レルヒさんはその最後だそうです。


まず、新潟県庁にやってきた「ミヤリー」

DSCF8833-m.JPG

「レルヒさん」が敬礼で出迎え。

DSCF8834-m.JPG


ホコタテのような名刺交換。ビジネスマナーですなぁ。
というか、頭ぶつかって、お互い名刺受け取れないし。

DSCF8823-m.JPG


とりあえず、18階の展望フロアへ上がり、宇都宮の方向を教えてあげる「レルヒさん」
なかなか息が合ってきました。

DSCF8815-m.JPG  DSCF8817-m.JPG


この後、最近、3位の「ふっかちゃん」に差を開けられ、5位の「いしきりん」に追い上げられて​いる「レルヒさん」。「ミヤリー」に話を持ちかけ、一緒に弥彦神社に必勝​祈願に行くことにしました。

越後一宮「弥彦神社」の前が弥彦温泉街。
長旅でお疲れの「ミヤリー」のために、「四季の宿 みのや」さんが部屋を開けてくれました。
姿見まで用意してくれていて、細かな気遣い、ありがとうございました。
http://www.minoya.net/

DSCF8851-m.JPG  DSCF8845-m.JPG


休憩したところで、いざ弥彦神社へ。

DSCF8854-m.JPG


もうすぐ恒例の「弥彦菊まつり」
準備が進む参道を仲良く歩く「レルヒさん」と「ミヤリー」

DSCF8856-m.JPG


必勝を祈願して、参拝。
ちゃんと弥彦神社の「2礼4拍手1礼」

DSCF8863-m.JPG  DSCF8865-m.JPG


おみくじも引きました。

DSCF8867-m.JPG


なんと、大吉!

DSCF8873-m.JPG


「ミヤリー」も大吉だったそうで、2人でおみくじを結びつけて、もう一度お祈り。
「レルヒさん」がねらっている1位か最下位の実現に運気も向いているようです。
って、最下位はムリだろ。

DSCF8872-tm.JPG  DSCF8874-m.JPG


ライバル同士ですが、すっかり仲良くなりました。
「レルヒさん」、かわいい「ミヤリー」に惚れた?

マネージャー同士も情報交換。
お互い苦労はたえませんねぇ。



さぁ、今日も投票、投票。

初めての方はこちらから、レルヒさんに1票
http://www.yurugp.jp

2回目以降の方は、最初の投票の後立ち上がったメーラーで空メー​ルを送って、事務局から届いたメールについているURLから投票​してください。

初回、メーラーが立ち上がらない場合は、
宛名 req@yurugp.jp
件名 8
本文 空白のまま
これで、メール送信してください。

11月26日まで、毎日投票。
みなさまの力で、コツコツと「レルヒさん」を上位にあげてくださいね。



(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーとレルヒさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

とっておきの宿泊プラン

料理自慢の宿の女将さんオススメの店で使える1000円のランチ券付き「とっておきの宿泊プラン」開催中。

とはいっても、なかなか県内で泊まる機会がないので、女将さんオススメを参考にランチを食べに時々行くんですが、今回はホテル小柳の女将さん推薦の「RESTAURANT CAFE 珈琲屋」
加茂市の市街地からちょっと離れた、加茂川の堤防沿いにある店です。

DSCF8441-m.JPG


オススメは、スパゲッティ・アーリオ・オーリオ ペペロンチーノ(880円)でしたが、あえて海の幸の
パスタにしました。
どうも、エビ、イカ、タコ、貝などに目移りしちゃうんですよね。
腹が減りすぎて、写真だけサッと撮って、ぺろりと食べてしまったので、何を注文したかわかりません。
麺の種類は聞きましたが、もう思い出せない・・・、今まで食べたパスタの食感とはちょと違ったってことしか憶えてません。

DSCF8435-m.JPG  DSCF8437-m.JPG


珈琲屋と看板を掲げているのに、珈琲を飲まなかったのが、唯一悔やまれることでしたね。


「とっておきの宿泊プラン」HP
http://niigata-umacon.jp/oyado/


(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

グッドデザイン・エキシビション2011

先日、六本木へ行ったついでに東京ミッドタウンで「グッドデザイン・エキシビション2011」を見てきました。

DSCF8621-m.JPG  DSCF8607-m.JPG


今年のグッドデザイン大賞の候補たちが展示されていました。

グッドデザインといっても、家具類もあるし、乗り物もあるし

DSCF8602-m.JPG  DSCF8601-m.JPG


携帯電話やカメラ、ロウソクなどさまざま

DSCF8599-m.JPG  DSCF8619-m.JPG


なかなか言葉では言い表しにくいけど、グッドデザインって、単にいいカタチやいい色彩とかじゃなくて、そのモノを使うことでこういうふうに生活を快適にするというようなメッセージが込められていると思うですよね。

そんななかで、新潟の(株)スノーピークが、バッチリあるじゃないですか。

燕三条極薄鋳鉄シリーズ。
鋳鉄の遠赤効果をそのままに軽く扱いやすい調理器具。
アウトドアとインドアをつなぐ製品です。

DSCF8611-m.JPG


(株)スノーピークさんはもうひとつ。
社屋そのものもグッドデザイン大賞候補になってます。
キャンプにくる人とキャンプグッズのメーカーで働く人がコミュニケーションをとれる場になっているところがスゴイ。
まだ行ったことがないので、何年ぶりかのキャンプに行ってみたくなりますね。

DSCF8603-m.JPG



個人的にいいなぁと思ったのは、(株)タカタレムノスのアイスクリームスプーン。
アルミの熱伝導率の高さをりようして持った手のあたたかさをスプーンに伝えて、固いアイスクリームをすくいやすくするというもの
丸っこいデザインもいいですね。

DSCF8612-m.JPG


グッドデザインアワード2011 HP
http://www.g-mark.org/archive/2011/index.html


(辛子明太子)

posted by おむすび at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業・農業・ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

柿の季節

家の柿が大変なことになってます。
柿の重みで地面につきそうです。

kaki-01.JPG


もう少し大きくしてから採りたかったんだけど、来週は彦根の「ゆるキャラグランプリ」なので、今週採ることに。

親戚のおじさんおばさんも来て、きれいに拭いて、焼酎につけ、渋抜きです。

kaki-02.jpg


柿の木は、こんなになってしまいました。

kaki-03.jpg

なんだこの枝ぼうぼうって、ついつい、ばっさり枝を切ってしまうんですよね。

来年は実がなるかな?



渋抜きの仕方は昨年のページで
http://orientai.seesaa.net/article/166077757.html

柿のはなしはもっと前のページで
http://orientai.seesaa.net/article/108289956.html

(辛子明太子)
posted by おむすび at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

A alla Z

新潟市郊外の佐川急便の配送センターの目の前にあるイタリアンレストラン「A alla Z(ア アッラ ゼータ)」
目立たない場所にあるこのレストランが、野菜ソムリエさんたちご贔屓の店だと聞いて行ってみました。

DSCF8798-m.JPG  DSCF8797-m.JPG

ランチタイム終了ギリギリに行きましたが、結構混み合っていました。

使っている野菜の案内が各テーブルに置かれています。
坂井ファームさん、保苅農園さん、ふりょうのうみんの曽我さんなど聞いたことのある農場、サツマイモ命・小千谷の農園ビギンの新谷さんのベニキララも紹介されてます。

DSCF8794-m.JPG  DSCF8793-m.JPG

坂井ファームさんの小松菜のサラダ、魚沼石坂まいたけをたっぷり使った胎内ブリードチーズのパスタにしました。
残念ながら新谷さんのベニキララを使ったメニューはありませんでした。


DSCF8792-m.JPG  DSCF8795-m.JPG

小松菜が新鮮でうまいうまい!
まいたけは、ぽくぽくしゃきしゃき、チーズとの相性もよくおいしかった!
大満足でした。



(辛子明太子)
posted by おむすび at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

お月見のゆうげ(その2)

「お月見のゆうげ」で干し柿の大福を載せた大皿

DSCF8779-m.JPG

この大皿をつくったのが三条・燕・西蒲仏壇組合の方。
実はこの皿には仏壇づくりのものすごい技が詰まっていたのです。


どこにでもあるうちの仏壇の引き出し。

DSCF8802-m.JPG

よくみると、引っ込んだ部分縁が細く飛び出ています。
引き出しの材料は木。木でこの飛び出た部分はどうやってつくるのかというと、糸鋸で斜めに切り抜いて、それを手前にスライドさせて飛び出させているんだそうです。

長岡造形大学の金澤先生が図で描いてくれました。
ちょっとわかりにくいですが、断面を斜めに切り取ってスライドさせて飛び出した部分をつくるというとても手の込んだことをしています。

DSCF8737-m.JPG  DSCF8742-m.JPG


それを応用すると、一枚の平らな板を同心円状に切っていって少しずつスライドさせると器ができるというわけです。

DSCF8750-m.JPG  DSCF8752-m.JPG

なんという手仕事。
さすが国の伝統的工芸品に指定された技です。
仏壇は、木工、漆、金具、金箔など技のデパート。見どころは随所にあります。


話は戻って、器をつくる技ですが、それを応用すると、写真の手前のもののように半分へこんで半分飛び出すという複雑な形にもなります。

DSCF8743-m.JPG

そういう形にすると、液体を徐々に注いだ時に、月が満ちてゆくようになるいう、お月見にふさわしい器もできるのです。

DSCF8754-m.JPG

DSCF8755-m.JPG

DSCF8756-m.JPG


そして、もうひとつ、漆塗り。
これもかなり苦労したそうです。
流れたり、乾燥したりする漆をコントロールして、美しく仕上げる、かなりの職人技が必要のようです。

DSCF8746-m.JPG  DSCF8748-m.JPG


おまけ、漆についての豆知識。
漆は、乾燥したところだとなかなか乾かず、湿気の多いところだと乾燥するという、あまのじゃくな性格の持ち主なんだそうです。


あー、新潟のものづくりは奥が深い
あー、自然も意外なことばかり



(辛子明太子)
posted by おむすび at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

お月見のゆうげ

岩室温泉の古民家「小鍛冶屋」

DSCF8714-m.JPG

温泉街の角を曲がるときに、いつも気になっていましたが、市の岩室観光施設「いわむろや」の別邸として、いろんなイベントに使われているようです。

http://www.iwamuroya.com/



先日ようやく「小鍛冶屋」でのイベントに参加することができました。

DSCF8786-m.JPG


(有)トラディショナル・スピリット主催、長岡造形大学金澤研究室、DAIDOCOが共催し、いわむろや、三条・燕・西蒲仏壇組合が協力したイベント「お月見のゆうげ」

照明を極力落として、お月見の雰囲気を演出。

DSCF8722-m.JPG  DSCF8768-m.JPG


伝統の鯛車、アートな光のオブジェが明かりをともします。

DSCF8769-m.JPG  DSCF8778-m.JPG


ランチョンマットが凝っています。

DSCF8732-m.JPG


地球の影にあたる部分を動かすと、メニューが見えてきます。

DSCF8733-m.JPG


さらに、雲を折り曲げると、箸置きになります。

DSCF8736-m.JPG

長岡造形大学学生たちの心憎い演出です。



ゆうげのメニューは、DAIDOCOさん。
イタリアンの熊倉シェフが和に挑戦。
http://daidoco.net/

秋のカルパッチョ

DSCF8759-m.JPG


里芋と椎茸の蒸し物、栗としめじのフラン
食べるのがもったいないって思うスイーツのような茶碗蒸し、たまりません。

DSCF8761-m.JPG


ほのかな明かりのなかで、和洋折衷の技でバランスよく料理された旬の食材をいただいて、うちのカミさんはしきりに「酒のみてぇ〜」を繰り返してました。

そして、新米おにぎり、長芋とつみれのお吸い物
合鴨農法で育てた米、シャキシャキの長芋、サイコー

DSCF8764-m.JPG


最後にデザートの干し柿の大福
DAIDOCOのパテシエさんが厳選した干し柿を餡に練り込んだ大福で、干し柿の香りがふわっと広がる逸品でした。

DSCF8779-m.JPG



協力:三条・燕・西蒲仏壇組合さんについては次号で。


食事の後は、ホテル大橋さんでお風呂、極楽極楽
ちょうど十三夜の月が出ていました。

DSCF8789-m.JPG




(辛子明太子)
posted by おむすび at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

浜メグリ2011秋

もう何度目かな、このトンネル抜けて「浜メグリ」に来たのは。

DSCF8711-m.JPG


何はともあれ、まず寄るところは「浜五」さん。

染めとガラス工芸の星名さん夫妻の工房です。

DSCF8692-m.JPG

いつも星名さんから最近力を入れて作っているもののを聞いてるような気がします。
この前は、レジャーシートのようにも使える帆布。
今回は、紙袋とエコバックの間のような布袋。
星名さんは、ニッチというか、微妙な使い方を提案する人です。

この家、冬は恐ろしく寒いという、隙間だらけのとにかく古い家なんですが、味があります。
縁側に座ってボーっとしていると、ネコになったような気分がします。

DSCF8690-m.JPG



浜五さんと並びいつも寄るのが、デザイナーの鈴木英一さんの抹茶カフェ。
陶芸と染めの「吉岡工房」さんのところでお茶を点ててくれます。

DSCF8703-m.JPG  DSCF8701-m.JPG


今回、お抹茶はウッドデッキでいただきます。

DSCF8696-m.JPG


ゆる〜い「浜メグリ」
ここ「吉岡工房」さんが最もゆるい感じ。
展示会場である座敷のほとんどを赤ん坊が占拠。
展示品の横にアニメのモニターがあったり。
カフェがウッドデッキになったのも、お湯を使うので子どもを避けてというのが本当のところのようです。

DSCF8700-m.JPG  DSCF8699-tm.JPG



吉岡ちえみさんのカラフルで大胆な構図の染めのデザインが好きで、とうとう買っちゃいました。

DSCF8790-m.JPG



浜メグリは16日まで。
http://hamameguri-2.sblo.jp/


(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

古町どんどん、古町音楽祭

すっかり恒例となった「古町どんどん」

田から屋さんから新米販売すると案内をもらっていたので、ちょっと出かけてみました。
マスで量り売りです。

DSCF8670-m.JPG

量り売りってどうしても、もうちょっとオマケしてって言いたくなりますよね。
マスの場合、普通すり切りで量りますが、大サービス、山盛りです。

今の米がなくなり次第、新米に切り替え、楽しみです。

野菜も買いました。

DSCF8671-m.JPG



田から屋を運営している「made in 越後」代表の真島さんは、ペレットストーブをPR。

DSCF8662-m.JPG

ペレットストーブは、森林を元気に育てるのに一役も二役も担うものです。
ワンデーシェフの店「田から屋」さんで今年導入するそうです。
ハイカロリーなので、広い空間にはぴったり。



茶会を眺め、

DSCF8663-m.JPG


移動販売車のクレープを食べ、

DSCF8672-m.JPG  DSCF8676-m.JPG


ライブを聴くのも楽しみ。

国体のテーマソングでおなじみの「カナデフウビ」
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kanadefoobi

DSCF8669-m.JPG


知らないミュージシャンを発見するのも楽しみ。
つい、どんなイベントに出演してもらったらいいかなとか、仕事モードで見てしまいますが。

2010古町音楽祭でグランプリを受賞した女性2人組の「CACIS」
のびのあるボーカルに、きれいなハモリ。
詳しいことはわかりませんが、1曲に1カ所くらい変わったコード?でちょいとひねりを効かせたメロディが心地よし。
http://29.xmbs.jp/cacis91/

DSCF8659-m.JPG


2010古町音楽祭準優勝の「小池深香」まだ高校1年生だそうです。
名前のとおり深くしっとりしたオリジナル曲を大人っぽい声で歌いますが、ときおり幼い声が混じるところが魅力的ですね。
http://profile.ameba.jp/mikak826/

DSCF8666-m.JPG



えっ、ご当地アイドルユニットもいたんだ?
古町から誕生した「RYUTist」だそうです。
http://ameblo.jp/ryutist/

DSCF8677-tm.JPG


第7回古町音楽祭は、
明日10月10日(月)13:00〜17:00
古町5番町特設ステージ
司会は、ナマラの江口さんです。



(辛子明太子)
posted by おむすび at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

雪国A級グルメ

湯沢へ行ったので、念願の「HATAGO井仙」でランチしました。

DSCF8656-m.JPG


ここは、「雪国A級グルメ」三ツ星の店。

地元の良質な食材と無添加の調味料を使い、雪国伝統の調理法を活かしてつくった料理「雪国A級グルメ」。

認定あたっての基本条件は、
1 雪国の気候風土が活きた美味しい食を自らの宿や店で作っていること。
2 原材料のすべての情報を公開できること。
3 雪国観光圏内の食材を積極的に使用していること。
4 消費者の「安全」と「美味しさ」を第一に考え、原産地や添加物にまで気を配っていること。
5 「雪国A級グルメ」認定の一時産品、加工品を積極的に使用していること。

基本条件の取り組み度合いによって1ツ星から3ツ星までの認定が行われます。


現在、3ツ星は2軒だけ。
そのひとつが「HATAGO井仙」さんなのです。

自分へのご褒美ということで、「UONUMAコース」2,625円をチョイス。

メニューには、材料や産地が細かく書かれてあって、カロリーまで表示されています。

DSCF8653-m.JPG


まず、1品目
日本海天然真鯛の煎り酒サラダ
ボリューム感ある真鯛をあっさりと味付け。素材の良さが引き立ちます。

DSCF8636-m.JPG


2品目
きのこの玄米煮
地元の舞茸やしめじなどたっぷりと使ったリゾット。皿のふちの塩をつけて味を調えていただきます。

DSCF8638-m.JPG


3品目
長芋つみれと八色しいたけのスープ
ほのかなしいたけの香りに、鰹と昆布のだしがマッチして、やさしさあふれる風味に、絶品。

DSCF8639-m.JPG


4品目
魚沼サーモンレアステーキと越後もちぶたやわらか煮のどちらかを選びます。
もちぶたをチョイスしましたが、超上品な角煮。こんなにしつこくない角煮は食べたことがありません。

DSCF8648-m.JPG  DSCF8649-m.JPG


そして、もちろん魚沼産こしひかり
これだけでも幸せな気分になれます。

DSCF8644-m.JPG


デザートは、紅茶のスィーツ
もう言うことはありません。

DSCF8651-m.JPG



これだけのボリュームがあるのですが、さらりと完食。
鰹や昆布など和風のだしをベースにしているので、しつこくなくほのかな香りで素材のよさを忠実に引き立ててくれるからでしょう。

いや〜、見事でした。


雪国A級グルメHP
http://www.jiyujin.co.jp/yukiguni/


(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

ラクティスUFOキャッチャー

なんだぁ、このデカイUFOキャッチャーは!?

DSCF8512-m.JPG


六本木ヒルズのイベント会場に設置された世界一のUFOキャッチャー。
そのお披露目記者発表会が行われました。
さすがトヨタの広報、これだけのメディアが集まります。

DSCF8550-m.JPG


「今どき家族」の姿を追っているトヨタのラクティスのプロモーションの一環。
テーマは「ビッグ・シェア」

ゲストは、ジャガー横田家族。

DSCF8515-m.JPG


そして、楽しみをシェアしようということで、もう2家族も参加して、UFOキャッチャーに挑戦です。

やり方は、ゲームセンターにあるものと同じ。

左右レバーを倒し、前後レバーも倒し、目標の位置へ。

DSCF8521-m.JPG  DSCF8531-m.JPG


ボタンを押すと、キャッチャーが下がってきます。

DSCF8525-m.JPG  DSCF8532-m.JPG


さあ、つかめるかな・・・

DSCF8534-m.JPG


やったー(3度目のチャレンジでした)

DSCF8535-m.JPG  DSCF8537-m.JPG


3家族揃ってガッツポーズ。

DSCF8552-m.JPG



さあ、いよいよレルヒさんたちの出番。

DSCF8553-m.JPG


おっと舞台裏でじゃれてます。

DSCF8555-m.JPG  DSCF8560-m.JPG


レルヒさんとくまもんが代表してレバーを操作。

DSCF8564-m.JPG


残念でした。

DSCF8569-m.JPG


ゆるキャラ全員集合。

やっぱり癒し効果あり。
会場に、失笑のようなゲラゲラ笑い声が広がっていきます。

DSCF8572-m.JPG


で、トヨタのラクティスって・・・こんなクルマです。

DSCF8596-m.JPG


ゆるキャラにコンパクトカーってあり?

ないない

DSCF8581-m.JPG



今週末、このUFOキャッチャーを操作することができるそうです。
その様子は、ラクティスのCMにもなるとか。
CMに出たい人は、六本木ヒルズへGO!




(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スキーとレルヒさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

ふるまち謙sバーガー

7月に上古町にオープンした「ふるまち謙sバーガー」

DSCF8456-tm.JPG  DSCF8457-m.JPG


佐世保バーガーで修行した店主がつくります。

古町スペシャルバーガー、いってみました。
大、小ありますが、直径16cm、重量500gの大は遠慮し、小にしました。

DSCF8453-m.JPG


強烈な個性はないけれど、素直にうまい。
カリカリ、サクサク、じゅわ〜


週末は、若者で賑わってます。



(辛子明太子)


posted by おむすび at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

NIIGTA オフィス・アート・ストリート

昨年に引き続き開催の「NIIGTA オフィス・アート・ストリート」

新潟駅〜東大通り〜征谷小路は銀行などオフィスが並んでいます。そのショーウインドの中をアートにしてしまおうというイベント。

DSCF8460-m.JPG  DSCF8485-m.JPG


瀬戸内国際芸術祭に一緒に行ったワタナベメイさんの「みなもライン」
スペースが広くなったこともあるのか、昨年の作品よりパワーアップ。
水面の上下で微妙に違う街のフォルムがいい。

DSCF8476-m.JPG



本田耕二郎さんの「街の風色の記憶」
テキスタイルですが、節をつけて竹の雰囲気が出ていて美しい。

DSCF8482-m.JPG  DSCF8481-m.JPG


そして、これはスゴイと思ったのは、
藤井芳則さんの「N景」
いろんなモノを入れるトレイを、金属っぽいグレーに着色して、新潟の街を表現。
圧巻です。

DSCF8461-m.JPG  DSCF8465-m.JPG


イベントは10月23日まで。
8日は、アートで巡るまちあるきツアーも行われます。



NIIGTA オフィス・アート・ストリートHP
http://www.city.niigata.jp/info/kikaku/office-art/


(辛子明太子)
posted by おむすび at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

シープクラブ吉野

「Sheep Club YOSHINO」

DSCF8451-tm.JPG



日本語で書けば「羊倶楽部 吉野」

新潟市中央区古町4番町の角にある店です。



映画「羊たちの沈黙」というタイトルのせいか、「羊」にはどこか怪しげ、はたまた英国紳士が集う場所的な感じがして、近づかなかったんですが、思い切ってランチしました。

羊のお面を被った人や、アブみたいなものを口の前にしている人や、タータンチェックの人はいなくて、すっきりしすぎない店内がどことなくアットホーム。


ランチメニューは「ラム重」だけだったと思いますが、その「ラム重」を注文。

わぉ、ラム肉が重箱にはいってる!日本的

DSCF8445-m.JPG


小皿には、小さな里芋「きぬかつぎ」
えだまめのように皮をつまむと、小芋が飛び出してきます。
これまた日本的

DSCF8446-m.JPG


ラム肉は全然臭みがなくておいしい!
バクバクいきました。

ラム肉の脂肪は42度以上にならないと溶けないとかで、体内であまり吸収されず、健康にいいそうです。


ふと奥を見ると蔵
ひょー日本的

DSCF8447-m.JPG


蔵のなかにもテーブルがあって、ここでも食事ができます。
2階は畳敷き。家飲み感覚で飲めそう。

DSCF8448-m.JPG  DSCF8449-m.JPG



県内では珍しいラム肉のしゃぶしゃぶが名物だとか。
うへっ、また日本的

でもジンギスカンも捨てがたい・・・



シープクラブ吉野HP
http://sheepclub-yoshino.com/


(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

よろっtoローサ

久しぶりに西堀ローサに行きました。

7番町側の端っこにあった「piano piano」が、「よろっtoローサ」に代わっていました。

以前は、ピアノが置いてあって主にジャズをやっていたライブスペースでしたが、無料でライブが聴けたら市内のライブハウスは商売あがったりだってことで、もっと広い表現の場としてのライブステージなったようです。

ちょうど、老人力シリーズというステージをやっていて、新潟のお笑い集団NAMARAの江口さんが司会というか、聞き手をやっていて、ゲストは・・・あれ?見たことある・・・確か鈴木さん。

DSCF8471-m.JPG


県庁退職後だと思うんですが、NAMARAとは別な団体、お笑い事業団ニイガタの理事を務め、自ら写真のような格好で、高齢者施設を回っているそうです。

「税金をたくさんいただきましたから、恩返ししなきゃね」

ほかに持ちネタがあるのかわかりませんが、十八番の「岸壁の母」を見せてもらいました。

DSCF8470-m.JPG  DSCF8468-tm.JPG


志村けんを彷彿とさせるパフォーマンス。
普段の鈴木さんを少し知っているだけに、そのギャップに唖然。



大笑いのステージの後、鈴木さんと江口さんとあれこれ語りました。

県庁で林業職だった鈴木さん、山の荒廃を気にしていて、手入れが行き届かないから、雨にも弱く崩れてしまうんだとか。

わかっていても、ほとんどが輸入材に頼っている日本では、山を手入れする人が労働に見合う収入を得られないのが現状で、どんどん人が離れていっているようです。

スキー場にもっと活気があれば、冬はスキー場で稼いで、春〜秋は山で稼ぐ、そうすれば山だって元気になるかもしれません。
山では、木材だけでなく、山菜、きのこなどたくさん採れるし、トレッキングや冬のスノーシューのインストラクターだってできるかもしれません。


もっと山に人を呼ぼう、スキー場に人を呼ぼうってことは、レルヒさんの活動ってとても大事なことじゃん!、まずレルヒさんをゆるキャラの1位にしてPRしなきゃならないじゃん!って大いに盛りがりました。


そうなんです、単にゆるキャラの人気投票をしてるわけじゃないんです。
日本の美しい山々を守るために、レルヒさんを応援してるのです。

よーし、明日からまただんばるぞー!!


よろっtoローサHP
http://yorotto.com/


(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。