2008年11月02日

武田鉄矢さんとことばの森を歩く

武田鉄矢さんの講演があるということで、県民会館へ行ってきた。

その講演とは、文部科学省と系列を超えた民放テレビ局のネットワーク・民間放送教育協会が主催する「テレビと生涯学習研究協議会全国大会」の記念トーク。
大会テーマが「こころ育てていますか?育っていますか?〜ことばの森を歩く〜」
武田さんは「愛する人へ贈る言葉」と題してのトーク、「金八先生」の匂いがプンプン、文部科学省っぽい。
となると、いくら武田鉄矢さんといっても、「降りてゆく生き方」のPRはそんなにできないかと思ってた。

ところが、最初に山田河川敷や青山海岸での撮影の様子の映像が流れ、トークはいきなり「降りてゆく生き方」全開モード。
堅い挨拶続きにお疲れ気味の会場を察して、さらに年配の方が多かったことから、綾小路きみまろばりのつかみで「降りてゆく」ということの大切さを語った。
「『山を登った』ということは『山を登って下りた』ことです。『登ったままでは遭難』です」「元気のいい時は2、3段とばして登っていけるけど、下りるときは一段ずつですよ」

映画のストーリーも簡単に話してくれたし、いつもの新潟県人評・新潟の人は、パフォーマンス力があり情熱的で粘り強いに加え、坂口安吾を例にだして、よくいえば文学的、悪くいえばひねくれ者が多いとも分析してくれた。
いつも風の話をしている村上の味匠・喜っ川の親父さんのことも新潟県人らしいと思っているようだ。

トークは次第に言葉について移る。
同じ言葉でも言い方で意味が正反対になること、スラスラ流れるように言葉が出ている時は誰も聞かず、言い淀んだ時に本当のことだと思って耳を傾けるなど、役者らしい視点で言葉を解説。

武田さんて常に会場とコミュニケーションを取ろうとしている人だと思った。
会場の反応をみながらどんどん話を変えていく。引き出しが多いからできる芸当だ。本人もそれを楽しんでいるし。
「あっ、こんなことまで話するはずじゃなかったのに」というものを自分で自分をノセながら出そうとしているようだ。
撮影の時も、かなりアドリブを提案してたからね。
「コミュニケーションをとるときは、喜怒哀楽すべて使う。いいことばかりじゃなくてすべてぶつけることです」

最後に武田さんは、映画「降りてゆく生き方」とドラマ「夫婦道」よろしくと。
そして会場に残していった言葉。
小話なんだけど、ある精神科医がかなり重いうつ患者を励ます日の前日。
どう励まそうか、ずっと考えていたがどうしても出てこない。
悶々としたまま、東京駅から患者の待つ京都駅への切符を買おうと思いJRの窓口へ。
すると駅員は「もうしわけありません。『のぞみ』はありませんが、『ひかり』はあります」
もちろん新幹線の名前のことだが、言い得て妙。
翌日、患者にこの言葉をかけたら、すごく明るくなったそうだ。
「言葉っておもしろい」


そのあとのシンポジウムでは、「KY式日本語」「問題な日本語」などの著者、文学博士の北原保雄さん、俳人の黛まどかさん、講談師の神田陽子さん、そしてBSNアナウンサーの近藤丈靖さんという言葉の達人たちが登場。
みんなの素晴らしいコメント(特に黛さん、いいですね〜)に負けじと近藤さんはかなり大胆に「新潟弁」をPRしてた。

DSCF5240.JPG

会場ロビーの自販機も「新潟弁」バージョンにしてあった。
お茶を買うたびに、近藤さんや山本さんが「こうてくれてありがとね」「缶、そこらにべちゃったらダメらいね」などと声をかけてくれる。
おもわずニヤリ



(昆布)


posted by おむすび at 03:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 新潟あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポートありがとうございました、会場の様子が分かって嬉しいです。
入場整理券まで応募していて・・・・本当は当日行くはずだったのですが
鶴岡の実家に帰省しなければならず、行けませんでした。
こうなったらTV放送を待つしかありませんね!!!

映画つながり??でひとつ・・・・・
先日「おくりびと」を観ました・・・・やられました。後半の10分は感動で号泣です。
名作と断言します!!!!

降りてゆく生き方も心に残る名作にならんことを祈ってやみませぬ。
Posted by TOSHI@胎内市 at 2008年11月04日 21:29
TOSHIさん こんにちは
整理券があったのに、残念でしたね。
武田さんの講演は爆笑爆笑でした。
後半のシンポジウムの方も楽しくて、ためになって、いいイベントでした。
確かTV放映は24日と言っていたようです。

Posted by 昆布 at 2008年11月05日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。