2009年05月13日

みずっちたんく、布きれとせともの

久しぶりに「みずっちたんく」へ行ったら、布きれがたくさん。

DSCF0015-m.JPG


「みずっちたんく」は、「水と土の芸術祭」の市民サポーターの常駐施設で旧亀田浄水場の水道タンクが目印。

その「みずっちたんく」で、日比野克彦さんの「明後日朝顔プロジェクト」がスタートしました。

布きれは、細く裂いて三つ織りにして、朝顔巻き付くロープにします。
タンクをロープで覆って、そこに朝顔が巻き付けば、朝顔のタンクができる?

DSCF0031-m.JPG

全国各地で育てられた朝顔の種は、開港150年のヨコハマから140年の新潟へ運ばれてきます。



その間、せっせと古着を持ち寄って、ロープをつくるのです。

「スプライス」の時間 ・・・・ 船乗りがロープを修理しながら過ごす時

「みずっちたんく」に好きな音楽を持ち込んで一日中ロープづくりをして行かれる人もいるとか・・・。

そんな「スプライス」の時間を、あなたもいかがですか。

      DSCF0017-m.JPG  DSCF0018-tm.JPG 

明後日朝顔プロジェクトについては>こちら
  



「みずっちたんく」3階の会議室には、岸本真之さんの作品が少しずつ増えています。

岸田さんは、陶磁器を伝統的な「きんつぎ」という手法でつなぎ合わせ、新たなカタチを創りだします。

DSCF0013-m.JPG  DSCF0004-m.JPG


こんなふうに並んでいると、何か不思議な感覚になります。
そして、これを真剣に作っている岸田さんのことを思い浮かべると、おかしくて思わずニヤけてしまいますね。




7月18日からの「水と土の芸術祭」、どんどん作家さんたちがやってきて、新しいワークショップが始まっています。

お手伝いしたいという方、「みずつっちたんく」まで、ご気軽にご連絡ください。
芸術祭は、見て楽しめますが、参加した方がもっと楽しめますよ!


「みずっちたんく」
  ↓
水と土の芸術祭 市民サポーターズ会議事務局「みずっちたんく」
新潟市江南区亀田水道町2-4-3(旧亀田浄水場)
地図を表示する
TEL 025-384-0926
FAX 025-384-0927
tank@mizu-tsuchi.jp





(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 大地、水と土 芸術祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119303806

この記事へのトラックバック

映画を観るなら スプライス
Excerpt: 伝子操作に関する恐怖や考えさせられる脚本はなかなか違和感なくまとまっているように思う。映像が非常に良くてできていて薄ら寒い怖さがあった。遺伝子操作によって生まれたドレンの表現は非常に気味が悪いです(い..
Weblog: 映画を観るなら
Tracked: 2011-01-10 15:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。