2011年09月06日

佐渡・回転寿司「弁慶」

久しぶりの佐渡。
うまいものを食べなきゃソンソン。

まずは、ヘタな寿司屋よりうまい回転寿司「弁慶」

DSCF7741-m.JPG

次々とそそられる寿司が回ってきます。


天然ぶり

DSCF7738-m.JPG


新潟の高級魚「のどぐろ」

DSCF7735-m.JPG


みずみずしいタコ

DSCF7736-m.JPG


初めて聞く「まとう鯛」

DSCF7739-m.JPG


名前を忘れましたが、赤い鯛?

DSCF7737-m.JPG


そして、なんと地元の須田嘉助商店の「ふぐの子粕漬け」まで回ってきました。
猛毒のふぐの卵巣を塩漬けにして毒を消し粕漬けにしたもの。
誰がこんなふうに食べようと実戦したんだか、最初の人はチャレンジャーです。

DSCF7734-tm.JPG


寝不足のニシダくん、「痩女」のようになっていましたが、

DSCF7622-tm.JPG


パックンちょ

DSCF7733-tm.JPG


ん!なんじゃこのうまさは!!
「大飛出」並に目を見開いて、荒々しい神のようにあばれてました。

DSCF7624-tm.JPG


夜の部は、明日



(辛子明太子)
posted by おむすび at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

釣ったフグの中毒で夫婦重体
Excerpt: チャレンジャーだな [えっ!?/]フグに毒があるのは一般常識すぎるほどの常識で、生で、しかも肝まで喰うなんざぁ自殺志願者か、無謀なチャレンジャーか、単に頭が悪すぎるだけなのか [?/]俺だったら怖くて..
Weblog: 時々時事爺
Tracked: 2011-09-11 22:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。