2012年01月01日

居酒屋チェック

年末年始の休みに新潟から台湾へチャーター便が飛びましたが、その裏を使って台湾からもチャーター便ツアーが来ています。

その中に長年、新潟ツアーを手がけ、台湾からの新潟ツアーのパイオニア的存在の昭安旅行の林社長の姿もありました。

今回のチャーターでは、伊香保や軽井沢、東京まで行くツアーもありますが、林社長の会社は、新潟、佐渡、月岡を回るオール県内のツアーを組んでいます。

「せっかく新潟発着なのに遠くまで行ったら、移動ばかりでお客さんも疲れるでしょ」
と林社長。

DSCF0057-tm.JPG

今回は、ツアー一行とは別行動で、新潟のランチや買い物の場所を視察。

新潟市内に泊まった際にオススメする居酒屋探索のひとつ「越後番屋酒場」に付き合いました。

「越後番屋酒場」は、駅前の便利な立地で、新潟らしい演出がおもしろい店。

DSCF5460-mm.JPG


名物の南蛮エビは量り売り。

DSCF5435-mm.JPG


粟島名物の「わっぱ煮」もあり。

DSCF0053-m.JPG


岩ガキのシャベル焼きという派手な演出も。

DSCF0047-m.JPG


時間になると佐渡おけさも踊ってくれます。

DSCF0060-m.JPG


「夕食のあと、ちょっと居酒屋へ行きたいというお客さんには、いいね」

いいぞいいぞ。
たくさん、連れてきてくださーい。


林社長は、翌日も新潟探索し、佐渡へ渡り、ランチ場所などの確認だそうです。
ここまでやる社長はそうそういません。
ありがとうございます!
posted by おむすび at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。